地域密着型のホール展開で成長を維持。

お客様を呼び込むのではなく、自らがお客様の中に入っていく…。

それが名成産業のホール出店戦略です。大型店舗が続々と誕生する時代にあっても、名成産業は一貫して市場密度の高い都市部に出店してきました。この戦略が趣味の多様化や高齢化が進行する現代社会に」適応し、すべてのホールが業界トップクラスの稼働率を実現。加えて、お客様お一人おひとりに対し、心のこもった笑顔の応対を徹底することで、全体的なパチンコ参加人口の変動に影響されることなく、名成産業のホールは多くの固定客から支持され、つねに笑顔と熱気にあふれています。

各ホールに権限を委託し地域性に対応。

地域に根ざし、地元のお客様に愛されるホールであり続けるためには、それぞれの地域に適した店舗運営が不可欠です。そのため名成産業は本部からのトップダウンではなく、

各ホールに積極的に権限を委譲。

 

遊技台の選定やプロモーション、来場者サービスなどを各ホールが主体的に企画・運営し、真のお客様本位を実践することで顧客満足度を高めています。また、主体性が与えられた各ホールでは、支店長を筆頭にスタッフの意識と連帯感が上がり、

さらなる躍動感がホールに生まれています